*ぽこあぽこ*日記

10年後に笑っていたいから

saxのおもひで

 

 

 

34歳のときに趣味でサキソフォンをはじめたのですが

ふだんは何をやっても中途半端なわたしが、もともとが右脳派人間ということもあり

約10年間、かなりハマりました。

 

一時は何を勘違いしたのか(イカれちまったのか)

 わたし セミプロになるし!

などと思い込み、プロ奏者にプライベートレッスンを受けていました。

そんな自分勝手な時代もありました。ええ。

いまは楽器も質に流し(理由は聞かないでくださいね)音楽といえば聴く専です。

 

 

 

ちなみになぜsaxなのかというと中学の頃に吹奏楽部だったからという単純な理由です。

はじめて担当したのが バリトンsax。でっかいsaxです。低音のsaxね。

バリバリっとした低音が渋くてカッコいいです。CMでもさかなクンがやってたよね

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

なのに当時のわたしはバリトンsaxがとにかく不服な娘でした。

今ならなぜ当時そんなに不服だったのかよくわかるんだけどね。

当時はじぶんがバリトンsax自体がキラいなんだと思い込んでました。

音色は男っぽいし

でかいし

可愛くない

どうせやるならソプラノとかアルトのがいー

みたいな。

 

でもね。違ったんだよね。バリトンがイヤなわけじゃなかったのです。ごめんねバリサク

吹奏楽経験者の方ならわかっていただけると思うのですが

吹奏楽用の楽譜ってミュージックエイト(通称エムハチ)のものが多いの。

この譜面、めっちゃアレンジがつまらないのですよ。今は知らんけど

ほんとワンパターンなんだよね。今は知らんけど

 

 

音楽の良し悪しはアレンジ次第

 

 

そういっても過言ではないと思います。今ならわかるんです

当時のわたしのバリサクの譜面、パートとしてはチューバとまったく同じなの。ベースラインてことです。まぁ。それはいいんですけど

四分音符がずっと並んでるの。

四分音符がずっと並んでるの。

四分音符がずっと並んでるの。

これが辛かったんでしょうね。

もうちょっと凝ったアレンジだったらバリバリ演奏してたとハズ。

ちょっとナマイキだけど。当時のわたしの感覚は間違ってないと思いたいです。

 

 

 

f:id:poko-a-poko:20171124222910j:plain

 

 

 

 

*ぽこ*

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村