*ぽこあぽこ*日記

10年後に笑っていたいから

マインドフルネス瞑想ググってヨガで怖い思いをしたことを思い出す

 

 

 

 

 

 さいきんの夫は

 

マインドフルネス

 

というワードが好きみたい。自己啓発本から仕入れたと思われる

 

 

www.pokoapoko.site

 

 

わたしとしてはなんとなく漠然としたイメージしか沸かないので

呼吸がどうとかなんとか言われても

ふぅ~ん

って感じだったのですが

 

 

「ストレス軽減」「自律神経回復」「集中力アップ」に繋がるため

アメリカでは故スティーブジョブスやグーグルをはじめ

FBなどの企業や政府機関の研修でも取りいれてるらしいです。

脳科学で実証された裏打ちがあるからか、けっこう強気なワードではありますね。

 

いま、ここに集中する

 

という状態を目指すプロセスのことを指すようです。

 

  

ついでにググってゆくと

一流の経営者やスポーツ選手や俳優などのエリートたちがこぞって

そのマインドフルネスと瞑想を組み合わせた

マインドフルネス瞑想なるものを実践しているということで

それがいかに素晴らしいかと紹介する記事をいくつか見つけました。

 

が…

 

 うぅぅぅむ

 

 

思わずこの状況に唸ってしまいました。

瞑想は流行りや軽い気持ちで行うと危険な行為になってしまうのですけど

そういった危険性については何も書かれていませんでした。

瞑想に関してはちょっと思うところがあるので

じぶんの経験をふまえて書いてみようかなと思います。

 

 

 

 

 

 

*ヨガをやっているうちに変性意識状態に

 

 

 

30代のころなんとなく思いついて生活の中にヨガを取り入れることにしました。

ヨガってわりと安定したブームが続いていて

当時も本屋さんへ行けば「アンチエイジング」」という言葉と一緒に

ヨガの本が必ず数冊は置いてありました。DVD付きでね

 

 

 

なのでわたしも、数回ほどスポーツクラブのプログラムに通ったあとは

自宅でじぶんの好きなポーズをチョイスして自己流で行っていました。

鷲のポーズとかスキのポーズとか三角のポーズとか基本のやつ

実はこの習慣は今でも続いています。

 

 

 

ところがですね

当時、ヨガを始めてからなぜか

空中に色とりどりのモクモクした煙のようなものや

人のまわりにオーラのような膜がみえるようになってしまい

それをヤバいと思わずに

 

なんだかわたし、すごい能力が身についたのかもしれない!

  

などと勘違いしちゃったのです。

そのままずっと勘違いしていたら精神に異常をきたしていたかもしれません。

もともとが感受性が強く内向きな子でしたので 今じゃ考えられませんけどね

そういう気(スピっ気)はあったと思われます。

そしてこの経験から言えることですが、わたしのような

 

 

感覚タイプ人間は瞑想やったらダメ!

 

 

ってことです。

ヨガと瞑想は繋がっていますからね。

そして瞑想とマインドフルネスもある意味繋がっている。

マインドフルネス瞑想というワードが存在するくらいですから。

「マインドフルネス瞑想と瞑想は目的が違う」

そう言う人もいるかもわかりませんがやってることは所詮一緒ですからね。

 

 

とにかくあの時期のわたしは

半分あっちの世界へ逝ってしまったような人になってしまいました。オカシカタヨー

麻薬中毒トリップってこんな感じなのかなと思いますね。

鏡でじぶんの顔を見つめていると、顔が瞬時にどんどん変わってゆくの。

エンドレスでぜんぜん違う人の顔に。めっちゃ怖いでしょー思い出したくないもん

この時の経験をふまえて現在では

 

 

一生懸命にお掃除をするとか

一生懸命にブログを書くとか

一生懸命にごはん食べるとか

  

 

動の瞑想

 

 

を心がけて日々を送っております。フツーのことじゃん (笑)

カラダを使って何かに打ち込むことがある意味正しい瞑想だと思っています。だからフツーのことですよね

 

 

世の中はフラクタルにバランスで保たれています。

万人に良いとされるものなどきっとないです。

セレブが使ってるとか

世界のエリートがやってるとか

どんなに魅力的に感じても、自分なりによく調べ考える必要がありそうです。

あと、ヨガに関しては誤解を招きたくないので書いておきますが

 

 

 

ヨガはストレッチとして気を確かに行えばフツーに楽しいです。

 

 

  

ヨガが悪いのではなくわたしの芯がブレていたということですね。 

わたしの経験は以上です。お目汚し失礼しました

ちなみにヨガについては今回少しググったので掲載しておきますね↓

 

 

 

 

 

*そもそもヨガとは

 

 

古代インド発祥の伝統的な宗教的行法で、心身を鍛錬によって制御し、精神を統一して古代インドの人生究極の目標である輪廻転生からの「解脱モークシャ)」に至ろうとするものである。(ウィキペディア

 

 

要するに本来ヨガとはインドの諸宗教と深く結びついている修行法なのですね。

それがニッポンに伝わったときには座禅となりました。

エクササイズのひとつとしてヨガを始めたわたしでしたが

いつのまにかヨガを行いながら瞑想に近い状態になっていたのだと思います。

 

  

 

 

 

*チャクラやクンダリニーというワード

  

 

ヨガにはチャクラやクンダリーニというワードがつきものです。

とくに関心はなかったですが言葉自体は知っていました。

 

 

チャクラचक्रcakrachakra)は、サンスクリットで円、円盤、車輪、轆轤(ろくろ)を意味する語である。ヒンドゥー教タントラハタ・ヨーガ仏教の後期密教では、人体の頭部、胸部、腹部などにあるとされる中枢を指す言葉として用いられる。(ウィキペディア

 

 

う~ん…なんとも難しい概念。

エネルギーを循環させるための中継地点みたいなものなのでしょうか。

見えるものではありませんからなんとも言えません。

人間のカラダには下から7か所、直径10センチほどのチャクラがあり

時計回りに回転しているのだそうです。

カラダに密着しているのではなく2センチくらい浮いているのだとか。

かざぐるまみたいな? 仮面ライダーの変身ベルトみたいな?

 

 

クンダリニー(Kundalini, कुण्डलिनीkuṇḍalinī)は、人体内に存在する根源的生命エネルギー。サンスクリット語で「螺旋を有するもの」を意味する。

普段は尾てい骨付近にある第1チャクラ「ムーラーダーラ」に眠っているという説明が一般的である。(ウィキペディア

 

 

クンダリニーが上昇して完全に覚醒すると解脱に至るらしいのですが

本人の準備が整わないまま上昇がはじまるとさまざまな弊害をもたらすそうです。

自律神経失調症幻覚幻聴脳溢血抑鬱など。

それをクンダリニー症候群と呼ぶらしいです。

わからないことばかりなので「らしい」としか言えなくてすんまそん…

 

ただ、ハッキリと言えることは

この三次元世界で生きているあいだは

眠らせておいた方が良さそうなエネルギーであることは間違いない。起こしちゃダメー

  

 

 

 

 *おとしどころ

 

 

何度も書いてるかもしれないですが大切なのはバランス感覚なのでしょうね。

内に籠りすぎず、かといってカラダを壊すほどムリをせず

目の前のことを自分なりに一生懸命にこなしていれば

自然とマインドフルネスしているんだよきっと。おわり。

 

 

 

 

*ぽこ*

 

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 40代の健康へ
にほんブログ村