*ぽこあぽこ*日記

10年後に笑っていたいから

20代で人生飽きてしまった若者へ

 

 

ツイッターのフォロワーさんで

 

人生に飽きた

 

みたいな呟きをしていた若い男性が地味に気になります。

20代で悟ってしまったのでしょうか…

哲学者なのか

リアリストなのか

悟り世代と呼ばれる類なのか

どちらかと言えばツイートに喜怒哀楽が感じられず

かといって無機質な方にも思えず

やはり地味に気になります。

 

会社に縛られたり満員電車に乗りたくない

ストレスフリーに生きてゆきたい

思考停止していても給料が出ることに疑問を持った

などの理由から

海外を拠点にフリーランスでお仕事をされているようです。

ツイートやブログを拝見する限りでは

フツーに企業勤めをしておれば順風満帆に昇進してゆけそうな

スキルやコミュ力や向上心は持ち合わせている方に感じます。

 

それなのに

 

というか

 

それだから?

 

じぶんでじぶんをプロデュースして

ニッポンを離れて自分のペースで生きることを選んだようです。

 

 

じつはこういうニュアンスの話、リアルでも耳に入ってくるのですよね。

早慶以上の大学に通う(優秀でお利口さんな)子どもが

就活をせずにアジアなどの海外へぷら~っと出かけてしまう。

まったく就活する気配のない

何か別のことを考えている子供の様子に

親の方がヤキモキしながら心配している…みたいな…ね。

 

 

働き方の選択肢が増えて

政府は働き方改革に力を入れて

ワークライフバランスなんて言葉が流行りだした今

じぶんに合った働き方を選ぶことはとても良いことだと思います。

じぶん自身が納得した働き方であれば自殺者も減るかもしれません。

でもね

たとえストレスフリーな自由な生き方をしていても

 

人生飽きてしまったらそれはそれで辛くないですかね?

 

けっきょくのところ

人間て、じぶん以外の何かのために生きている自覚や

それとも

克服すべき「なにか」を持っていないと

なんとなく人生が空虚なものに感じる生きものだと思うのですよね。

 

ほんとうの自由なんて

実はこの世でいちばん怖ろしいものだと思います。

 

これから先のさらなる人口減少

若いチカラはますます貴重になり、わたしの世代はどんどんお荷物になります。

そんなわりと近い未来を想像するにあたって

ポテンシャルの高い若者たちが海外へ出て行ってしまうことは

大きな視点でこの国を俯瞰したときに

わりと国益を損なう現象になるんじゃないかと

勝手に危惧している*ぽこあぽこ*でした。

 

 

最後にひとつ…

 

若者よ、をしよう!  恋をすれば人生飽きないぜよ♡

 

 

 

*ぽこ*

  

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村