*ぽこあぽこ*日記

10年後に笑っていたいから

たかが色されど色

 

 

 

お彼岸なのに

 

 

雪ふってますが…なんでなんで?

 

 

お墓参りのつもりでスタンバっていたのですが土曜日に延期しました。

だけど牡丹餅は食べたいぞ

 

  

さて。

ガラス&屋根&外壁の進捗状況ですが(だれも関心ないと思いますがびぼうろく)

先日、業者のお兄さん(好青年)がもろもろの説明をしてくれました。

足場設置の予定日や今後の日程、ご近所への挨拶回りなどなど。

そしてね

まるで「あ。忘れてた」的に、「色はこの中から選んでおいてね」的に

外壁&屋根のカラーサンプルを見せてくれました。

 

 

へ?

 

 

サンプルをひと目みたわたし

だいぶマヌケな顔をしていたに違いありません。

だってだって

選択肢が少ないんだもの…

ひと目でビビビと思えるカラーが皆無なのがわかりました。

これは想定外。

 

 わたしのこのに関しての喰いつきにお兄さんは珍しそうな顔をしてました。

ほとんどのお客さんが提示された標準色の中から躊躇なく選ぶのだそう。

まぁたしかに。標準色から選べば失敗はまずないです。

景観に無難に溶け込むことでしょう…

 

  

だがしかし

  

 

だがしかしですよ。

外壁の色って住んでる人の表情ってゆうかイメージに

わりと近いもの感じちゃうのですよね。

それに

これからまた10年以上、お出かけから帰ってきたときに

毎回わたしを迎えてくれる大事なお家なんです。

かならず目に入るのはです。

今もそう。視界に入ったときにじぶんが反応するのは「色」なんですよね。

  

よくよく話を聞いてゆくと

メーカー側の生産管理上の都合で

標準色以外の塗料を選ぶと受注発注というカタチになるため

契約した金額が多少変わってきてしまうとのこと。

こだわろうと思えば可能なんです。

わたしが思い描いている色を実現しようとすると

契約金額に塗料代がプラス3万5000円上乗せになります。

  

現実を言えばわたし自身

若いころのようなこだわりを捨てた方がよい年代に突入しています。

これからお婆さんになってゆくのだから

外壁だってグレイヘアが似合う色にしたっていいのじゃない?

 

 

悩む…悩むなぁ

 

  

f:id:poko-a-poko:20180321093904j:image

   

 

とりあえずお出かけがてら

よそのお宅の外壁の色を参考にさせていただこう。

 

 

*ぽこ*

 

 にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村