*ぽこあぽこ*日記

10年後に笑っていたいから

春は特別支出の季節でもあります

 

 

 

連日の暖かさから

鳥たちのチュンチュン会議も白熱し

桜の花びらひらひらと散り始めています。

 

つい先月の大雪の混乱はどこへやらですね。

小さな川沿いの名もなき公園でお弁当を広げる老夫婦や

マスクをしながら子供たちを見守るお母さん

外で働く警備員さんや工事現場のおじさんも

春の到来を喜んでいるかのようにキラキラして見えるから不思議。

 

 

 

といいながらも

春って…わたしにとってはけっこう複雑な季節でもあります。

空気の匂いや肌にあたる風の柔らかさ

なんとなく五感的なもので感じとってしまう

切なさ期待不安が入り混じったような

心のどこかが、そわそわして、スースーして

ちょっと気持ち悪い感じ。

今までの春の記憶が創りだしているのかもしれませんね。

 

 

で?

何が言いたいのかというと これからが本題。

 

 

春は特別支出の季節でもあります(泣)

 

 

毎年何かとお金が飛んでゆきます。

今年はざっと思いあたるところで

 

 

息子の学費(半期分)

 

甥っ子の入学祝い

 

法事の費用

 

姪っ子の出産祝い

 

 

 

ぐぬぬぅ…ではありますが

これらすべて必要な出費なのでなんとかするし

けっきょく結果なんとかなるようになってます。

それに

息子は腹の立つほど高い授業料のモトをとるべく日々奮闘していますしお寿司

お祝い事は親戚縁者がおなじ気持ちになって喜びたいですしお寿司

法事は亡くなった故人を皆で思い出す大切な行事です。

 

 

 

 

まぁ。こんな感じであるていど予測できる支出は問題ないです。

しかし

今回はイレギュラー過ぎる臨時出費が存在しています。

窓&屋根&外壁工事

これをプラスすると春の特別支出の合計は

ざっと見積もって¥1,650,000- うわぁぁぁぁぁぁ

 

 

 

こんなことを書いていると

 

ぼったくりみたいな大学の授業料とか

坊さんに払うお布施とか

お祝いとかお歳暮とかお中元みたいな付き合いの金とか

住宅ローンや家の修繕にかける金とか

ムダじゃね?

金はじぶんのために投資するもんじゃね?

もっと合理的に生きたらそんなに金必要なくね?

 

などと思われそうな気がします。なんとなく世の中の流れ的にね

確かに…そうかもわかりません。

実際、わたし自身もう少し若い頃、そう思っていた時期があります。

でもね

加齢とともに、見えなかったことにも気付くようになってきました。

コスパコストダウンに集中しすぎると

それに比例して見えない何かも減ってゆく感じになるのですよね。

それに

 

 

生きる理由や頑張る理由があるって…悪いことじゃないよね

 

 

さいきんはそう思います。とりあえず人生には飽きません

ささ。通帳とニラメッコだな。

 

 

 

*ぽこ*

 

 にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村