*ぽこあぽこ*日記

10年後に笑っていたいから

「備えることで大難→小難→無難へ」がモットーです

 

 

*お知らせ*

きょうのわたしちょっとマジです…よろしくお願いします

 

 

 

 

さいきんのニッポン列島…ずいぶん不安定だなぁと感じませんか?

 

関東にお住まいの方はきのう突然の揺れくる速報

そんなにでかいの来るのか!?

と驚いた方も多かったかもしれないですね。

 

わたしは仕事中でたまたまスマホを携帯してなかったですが

もし気づいていたらきっと

あわあわ慌てふためいたんじゃないかな。今年の抱負は「動じない」なのにダメじゃん

 

 

結果的に大きな地震が起きなかったことに対して

気象庁はあまり弁解する必要はないんじゃないかと思います。

同時に起こったふたつの地震をひとつの地震と捉えてしまったとしても

地震があったのは事実ですし

さらなる地震に備えるように呼びかけることを

誤報と捉えるのはちょっと厳しいんじゃないかと。

 

 

個人的にはこういうことが悪循環にならないことを願うばかりです。

 

 

地震くるよー」と速報しても

受け取る側が「どうせ大したことないよね」と判断すれば

速報自体がまったく意味のないものになるし(オオカミ少年のように)

 

 

かといって

気象庁が「誤報だったら世間から責められるから」と

速報することに慎重になって判断が遅れることは

これから地震のリスクがマックスになる2018年としては

かなりのリスクになると思うのですよね。

 

 

ほんと…このあたりの兼ね合いは難しい

 

 

なにがいちばんいいかって

地震が実際に来ないことに越したことはないのだけど

4つのプレートの境目の上に存在しているニッポン列島は

地震と共存してゆかなくてはならない宿命なのですよね。

なので

 

 

宿命は宿命として受け入れて対策にベストを尽くす

 

 

これしかないと思っています。

「災害は忘れた頃にやってくる」といいますもの。

ニッポン列島に住むわたしたちが宿命を自覚して備えていれば

 

あわよくば

 

地震のかわりに小出しの小地震で済むかもしれません。それでお願いします

ニッポンの建物が震度5の地震がきてもそうそう崩れないのは

宿命を背負っているニッポンだからこそだと思います。

煉瓦や石造りの建物が多いヨーロッパでは考えられないでしょう。

 

  

ちなみに我が家の備えを少し紹介しますね↓↓↓↓

 

   

玄関にはあまりモノを置きたくないのですがこれは特別枠

f:id:poko-a-poko:20180106144948j:image

 

  

 

 

ほんとうに最低限のものが入っています

f:id:poko-a-poko:20180106145012j:image

 

 

  

 

身分証明になるものや銀行の通帳やマイナンバーのコピー

f:id:poko-a-poko:20180618150821j:plain

 

 

 

  

 

これじゃ足りないだろうけど簡易トイレセット

f:id:poko-a-poko:20180106160038j:image

 

 

  

 

 

これも足りないだろうけどキッチンにとりあえずの水

f:id:poko-a-poko:20180106145106j:image

  

 

 

正直、ホンキで考え出したらキリがないです。

なので

  

わたし、いちおう備えてるんですぅ

  

 

って程度でいいと思います。

同じような防災セットを離れて暮らしている息子にも渡してあるの。

そんなに役に立たないかもしれないけれど

地震と共存してるとこに住んでるって自覚を忘れてほしくないから。

 

  

さあ。みんなで備えて

大難を小難へ

小難を無難へ

2018年も無難に過ごせるようにベストを尽くしましょう。

以上、色気も面白味もない内容で失礼いたしました~

 

  

*ぽこ*

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村