*ぽこあぽこ*日記

10年後に笑っていたいから

忘れるとやってくるので備えましょう【地震】

 

 

 

ちょうど息子の朝ごはんを作っているときの一報。大坂で震度6弱

怖ろしかったことでしょう…お見舞い申し上げます。

実際に死傷者が出てしまったことに対してはご冥福をお祈りいたします。

2016年の熊本地震の際は大きな揺れの翌日に本震がやってきました。

震源近くにお住まいの方はどうか、まだまだお気を付け下さいね。

今回は津波の心配はありませんでしたが震源が海の場合は津波にも警戒です…

 

 

地震が発生して6時間経過していますが

 

電気は復旧

ガスは一部停止(10万8000戸で復旧に10日間要するとのこと)

通信は各社の基地局が数か所使えないが通話に影響なし

交通は一部新幹線、一部在来線が運転再開しつつも大混乱中

高速道路はすべて開通

いまのことろ

被害で目立つのは断水と水道管破裂による水漏れ。課題ですね

 

都市部の大きな地震にしては臨機応変に対応されてると感じます。

人々もパニックになったり混乱するような様子もなく

こういうイレギュラーに地震大国という普段からの耐性が発揮されるのは

ニッポンならではじゃないかと思ってしまいます。

  

個人的にすごく怖いなぁと思ったのは

エレベーターとブロック塀でした。

エレベーターに乗っているときに地震に遭ってしまったら

 

とにかくすべての階のボタンを押す

閉じ込められてしまったら落ち着いて非常電話で連絡をする

 

このくらいしか思いつきません。

パニックにならないように落ち着くこと。難しい…

 

キケンなブロック塀に関しては

外で大きな地震に遭った場合はとにかく壁や塀からは離れるしかありません。

 

わたしの住む地域は行政が積極的に危険なブロック塀の撤去を市民に勧めてます。

自宅のブロック塀を撤去し代わりに生垣を築造する場合には助成金が支給されます。

街ぐるみ、地域ぐるみでの意識が大切と感じています。

 

地震のあった地域だけではなく

ニッポン列島全体が宿命を受け入れて備えることと

自然に対して正しく畏れることを忘れないことで

大難を小難へ、さらに無難へすることが可能だと信じています。

 

 

www.pokoapoko.site

 

  

www.pokoapoko.site

 

 

 

 

東日本大震災以降ずっと我が家のトイレに貼ってある張り紙

f:id:poko-a-poko:20180618152734j:plain

 

  

 

 

 

*ぽこ*