*ぽこあぽこ*日記

10年後に笑っていたいから

じぶんの出した「おもい」に巻かれるな

  

タイトルの「おもい」という字を「ひらがな」にして

「思い」と「重い」をかけているつもりの*ぽこあぽこ*です。こんばんは。

9月に入りましたが体調が思わしくありません。

もともと夏のおわりから秋にかけてのこの時期は恒例のように体調を崩します。

ヘルペスや胃炎、更年期も相まって去年はリウマチまで疑いました。

人それぞれのバイオリズムによって体調を崩しやすい季節があるのかもしれませんね。

そしてもうひとつ

別の観点から、体調を崩した要因がないか探ってみたりもしてみます。

 

じぶんの出した「おもい」はエネルギーをもつ

人間はいろいろなことを考え、思いながら毎日を過ごしています。

わたしたちが想像する以上に

人間が発した「おもい」はエネルギーを持っています。

たとえば、多くの人が同じような「おもい」を持つことで「想念」となり

想念が世の中の流れを作り上げてしまうことさえあるので、侮れません。

そして

この人間の「おもい」は見えない磁気として

電磁波のように空間を飛び交っているんじゃないかと想像している。

 

www.pokoapoko.site

 

じぶんの出した「おもい」が強すぎると分魂します

ここからがメインテーマなのだけど

この「おもい」がものすごく強かったり、ながいあいだ継続すると

ひとつのエネルギーとして分魂して

作りだした本人が忘れてしまったあとでも消えずに存在しているという

ちょっと厄介なことになってしまいます。

「ポジティブなおもい」「おもいやり」ならば問題ないのですが

人間が長いあいだ強く出し続ける「おもい」ってわりと「負のおもい」だったりします。

そのエネルギーが時間差で帰ってくるのです。じぶんに。

過去のじぶんが誰かを呪ったり妬んだり

世の中を恨み続けたり

じぶん自身を罵倒し続けていたら

いつかじぶんが忘れてしまっていたとしてもその「おもい」だけは残り

いまの自分に何らかの影響を与えているのです。

この「おもい」を「生霊」と言い換えることもできます。

過去のじぶんの生霊にいまのじぶんが影響を受けている…こともありえるのです。

   

いまの「おもい」が未来に影響すると意識する

なので

なんとなく調子が悪いな…気分がすぐれないな…と感じるときは

じぶんの過去の「おもい」をふりかえってみることも大切だと思うのですよね。

まぁじっさい、覚えてないことの方が圧倒的だと思うのですが

自己嫌悪に陥ったり

じぶんを卑下したり

他人を恨んだり

世の中に対してクサクサしたり

もしも、過去の「イヤなおもい」 を持ってしまったじぶんに気付いたのならば

その場ですぐに「もう大丈夫よ」と過去のじぶんをなぐさめてあげること

決して否定するのではなく

イヤなことがあっても生きてくれていたその時のじぶん自身に対して感謝をすること

たった今からの「おもい」が未来のじぶんを作っているのだとしたら

それが最善ということになります。

しかも

感謝の磁気でじぶんをまとうことは

他人からの負の念もはねつけることができるのだそうです。最強の鎧。

 

おわりに

一時「引き寄せの法則」なるものが流行って社会現象になったことがありました。

言霊(ことだま)が幸せを引き寄せる…みたいな?

そのメカニズムはなんとなく理解できるのですが

どうも「引き寄せる」という表現が不自然さを感じるのであまり好きではありません。

そもそも言霊以前に

人間が発した「おもい」がじぶんに帰ってくるのですから

ほんとうに大切なのは「言葉」以前の本人の生き方そのものだと思います。

とはいえ

言葉づかいはそのバロメーターにはなりますね。反省。

ということで今週のわたしは

過去のじぶんの「おもい」を検証しながら病院のはしごウィークです。

ちなみに

今ここに書いたことは*ぽこあぽこ*のよもやま話だと思ってくださいね。

最後までお読みくださってありがとうございました。

台風21号が近づいてきています。無難に過ぎ行きますように…

 

 

 *ぽこ*

   

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村