*ぽこあぽこ*日記

10年後に笑っていたいから

【ニベア】オンリーでこの冬を乗りきるアラフィフ

 

今日のひとこと

 

あのね、ストーカーじゃないから、チラチラ振り向かないでくれる?

 

道でじぶんのペースよりも「微妙に」遅めの人が前を歩いていても

追い越すのが面倒なときってあるじゃないですか。

歩幅とペースを上げないとならないし ←いわゆるターボ

だから仕方なく後ろを歩いていてだんだん詰まってきちゃうの…わざとじゃないんだよ

 

 

 

きょうは

我が家の冬アイテム ニベア のこと、ちょっとだけ語ってみます。

わたしが子供のころから変わらない姿であまりにフツーに存在していたニベア

数年前にブレイクして現在進行形。

ドラッグストアでもニベアコーナーがどんどん拡大してる。株価も右肩上がり

そもそもは

ニベアの成分とセレブたちが愛用している高級クリーム「ドゥ・ラ・メール」

このふたつのクリームの成分がほとんど同じ!とウワサになったことがきっかけじゃないかな。

火付け役がいて、意図的にブレイクしたのかもしれませんが

ニベアのクオリティ&コスパの良さは否めないのです。

象みたいにカサカサだった足のかかとがツルツルになったのはニベアのおかげですもの。

 

 

ニベアってドイツ生まれだって知ってた?

え?そうなの?

てっきり花王が出した昭和の商品だと思ってました。

もともと107年前にドイツの化粧品会社「バイヤスドルフ社」が開発した商品で

ニッポンではバイヤスドルフ社と花王

ニベア花王株式会社」という合併会社を設立したのが販売のはじまり。

ニベアの正体って

世界187か国で販売されている、歴史あるワールドワイドなクリームだったのです。

ちなみに

その土地その土地の気候や水質、人々の肌質に合わせてレシピが存在するようで

ドイツとニッポンのニベアも中身がちゃんと違うのでした。

ニベアの硬めなテクスチャーが好きなわたしにとって、さらに硬めのドイツのしっとり系ニベアはとっても気になるところです。

本店のハンブルグには「ニベアハウス」なるものまであって

色々なニベアグッズが買えたり お土産として人気があるのだそう

じぶんの写真入りのオリジナル青缶が作れます。

https://www.nivea.de/shop/creme-40059002647870001.html

まぁ、写真入りじゃなくてもいいけどね。

 

青缶でこの冬を乗りきる

わたしが愛用しているニベアシリーズは

青缶

リップクリーム

日焼け止め

 

とくに青缶は顔からカラダまでオールマイティに使えてコスパ良し。

こんかい記事にするにあたって

高級クリームのドゥ・ラ・メールとニベアの成分の違いが気になったので調べてみました。

 

ニベアの成分

f:id:poko-a-poko:20181115180546j:plain

ミネラルオイルワセリングリセリン水添ポリイソブテン・シクロメチコン・マイクロクリスタリンワックスラノリンアルコールパラフィン・スクワラン・ホホバ油・オレイン酸デシルオクチルドデカノールジステリアン酸AIステアリン酸Mg硫酸Mgクエン酸安息香酸Na香料

169g  493円

  

ドゥ・ラ・メールの成分

f:id:poko-a-poko:20181115180742j:plain

ミネラルオイル・褐藻エキス・ワセリン水添ポリイソブテンマイクロクリスタリンワックスラリノンアルコール・ライム果汁・パラフィンエタノール硫酸Mgオレイン酸デシルステアリン酸AIオクチルドデカノール香料クエン酸ステアリン酸Mgパンテノール安息香酸Na・水添野菜油・シアノコバラミン・カロチン

60g  25,920円

  

ほんとに似てるの?

お値段のケタが違うのに比べるのもどうなんだろう…とは思いますけど

美容商材を扱う商社でパート勤務していたとき

1万円以上する化粧品は原価からしてあり得ない

というのが定説だったので(商売なのでそれでも売っていたけれども)

ぶっちゃけこういうこともアリ得ると思うんですよね。

 

結論から言ってしまえば

クリームとしての基本構成はかぎりなく似ていますね。

もちろん美容成分として数種類の違いはありますが。 

ニベアの保湿成分であるグリセリンがドゥ・ラ・メールは褐藻(かっそう)エキスに置き換わってますが主成分のオイルはまったく同じ原価の低価格な石油系です。

それ以外にニベアには入っていない成分は

ライム果汁、エタノールパンテノール、水添野菜油、シアノコバラミンン、カロチン

ですが

はたしてこれほど高額になるほどの配合量なのかは…わかりません。

つまり

ニベアは適正価格の使い勝手の良いクリームであり

むしろ

高級クリームと謳われているもうひとつのクリームの方が

実はニベアに近いクリームであるということなのかもしれませんね。なぁんだ…

 

 

メンズニベアもオススメです 

そんなわけで

化粧水以外はすべてニベアでこの冬を乗りきるつもりのアラフィフです。

とにかく手が乾燥したらニベア

お風呂上りに

無印のブースター →無印の化粧水 → ニベアでフタ

足のかかとにもニベア

目尻の乾燥が気になったらニベア

寝る前にもう一回ニベア

 

わたしだけでなく夫もニベアです

f:id:poko-a-poko:20181115214251j:image

しかも

CMでやってる「ニベアMEN」使ってる。

おなじ青缶でいいじゃーん!て思うのだけど、微妙に成分が違うし

青缶は Made in Japann だけど

こっちは Made in Germany と表記されてる。

青缶よりも水分重視なのは「化粧水としての働き」も兼ねてるのかもしれません。

お値段もお高め。

 

テクスチャーがゆるい

f:id:poko-a-poko:20181115214320j:image

 

違いがわかりますでしょうか 

f:id:poko-a-poko:20181115214353j:image

 

テクスチャーがゆるいので缶のフタがロックされるように工夫されてますね。 

香りも違う。オトコの匂いがする(笑)

男性の香水によく入っていそうな香りね。ちょっとクセがありますね。

やっぱりわたしは青缶が好きだ。

 

 

おわりに

コスパが良いので惜しみなくどんどん使えるのと

ジャータイプの缶に入っていること

目の周りや爪、気になる場所どこにでも使えること

メイク落としにもなること

「やっぱり冬はニベアでしょ☆」というお話でした。

決して花王のまわしものではないのですが

じぶんのニベア愛を改めて感じている*ぽこあぽこ*でした。

 

 

*ぽこ*

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村