《ロマネスコ》のフラクタルに思うこと

 

今日のひとこと

 

いると面倒いないと心配

 

卒業旅行第2弾のためにニッポンを発った息子の飛行機をフライトレコーダーで追跡する母親…いやね、無事に到着してくれればそれでいいんです…

 

 

 

こんばんは*ぽこあぽこ*です。 

先日「カリフローレ」という野菜を茹でていたら

 

ちょうどその頃

あきなすさん (id:kamenutsu)が「ロマネスコ」を茹でていたのでした。

 

ロマネスコ…大きなスーパーで見かけます。

ブロッコリーやカリフラワーの仲間なんだろうとは思っているのですが

その幾何学的な模様に怖れをなして買えずにいた野菜だったのでした。

そして今回、あきなすさんが「美味しい」と言って何もつけずにそのまま食べておられる様子をみて

思い切ってデビューしました。ロマネスコ

  

吸い込まれて異次元へつれてゆかれそう

f:id:poko-a-poko:20190308123951j:image

子どもの頃のわたしだったら1時間はずっと見ていそうです。

凄くないですか?

見事なフラクタル形状。

 

フラクタルとは…

部分が全体と相似となるような図形

規模の尺度を変えても同じ形があらわれる自己相似の構造

 

ロマネスコを見ていただければ一目瞭然ですが

大きな円すいをらせん状に小さな円すいが形作っていて

その小さな円すいをさらに小さな円すいがらせん状に形作っている。

もう…気持ち良いのか悪いのかわからないくらい見事なフラクタル

これをカットして茹でるという行為は少しだけ勇気が必要です。

 

ロマネスコの茹で方 by ちはそう汰 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが306万品

 

そして、あきなすさんが紹介出さったレシピを参考に勇気を出して茹でてみました。

 

 

アレンジせずにそのままいただく

f:id:poko-a-poko:20190308155016j:image

 

美味しかったです。

味はブロッコリー、食感がカリフラワー、何もつけずに食べると甘味も感じます。

一度にぜんぶは食べきらないので残りはアレンジしていただくつもり。

 

ロマネスコフラクタルだけではなく

自然界にはたくさんのフラクタルがあって

さらにわたしたち人間もその自然の一部としてフラクタルに存在していますね。

そして

人間の「脳」と「宇宙」は偶然とは思えないほどよく似ていて

人間のカラダは宇宙がそのまま縮小されたものだとも言われています。

わたしたちの中に宇宙がある。

先日「インターステラー」という映画作品を観たのだけど

とても難しい内容ながら、感覚的に理解できる部分もあったのですね。

きっと

リアス式海岸も、宇宙も、地球も、体内の腸も、皮膚も、株価も、人間関係も

魂の因果もすべて

ロマネスコの螺旋のように、渦を巻きながら変化し続けているのでしょう。

すべてフラクタル。繋がってる。

わたしたちの日常で起こるトラブルや問題も社会の縮図に過ぎず

上から見ている天からしてみたら「成長過程」で済まされそう。

 

それにしても

もしもすべてが繋がっているのだとしたら

ひとつの事象を切り取ったところで何もわかるハズがないのにわたしたちは一体何をやっているんだろう…なんて

大きな樹の幹が地球で、枝が国々、そこに繁る葉っぱが人々だとして

どんなに認めたくなくても、もともとは同じ1本の樹だというのに

ほんと、わたしたちって何をやっちゃってるんだろう…なんて

ロマネスコフラクタルを見つめながら、ふとそんなことを思ったのでした。

これを読んで下さっているあなたもぜひ見つめてみて。ロマネスコ。笑

そして食してみてください☆

さいごまで読んで下さってありがとうございました。

 

www.youtube.com

 

 

*ぽこ*

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村