たまたま入った蕎麦屋がアタリだった《手打ちそば くりはら》

 

 

言いたいことはタイトルで完結していますが

強いて言えば

 

たまたま

 

という部分にアクセントをつけたい。

今って下調べしてからお店行くことがほとんどだから

期待値ゼロで たまたま 入ったお店が思いのほか穴場だったりすると

ちょっぴりお得感ありますね。るんっ

 

 

 

 

家に引きこもりがちな義理母が「美味しいピーナツを買いたい」と言うので

義理母と秦野(はだの)へ落花生を買いにいく…というミッションを決行したのだけど

秦野市は神奈川県の内陸部に位置する落花生の特産地です

渋滞回避のために抜け道として通った山のふもとで美味しいお蕎麦さんと出逢ったのでした。

 

ん?どうやらお蕎麦屋さんのようだね…お昼時だし入ってみようか…

f:id:poko-a-poko:20191108155101j:image

 

風情ある古民家です…

f:id:poko-a-poko:20191108155121j:image

 

表には控えめに「生蕎麦 商い中」としか看板が出ていない。

お昼時じゃなかったら気付いてないと思う。

とりあえずアタリかハズレか…わからないけども予備知識なしで入ってみることに。

 

あら…レトロだけど古臭くはない今時の古民家って感じです

f:id:poko-a-poko:20191108155136j:image

 

 

 窓の向こう側が蕎麦打ち部屋になっています

f:id:poko-a-poko:20191108155154j:image

 

  

入ってから屋号が判明

f:id:poko-a-poko:20191108155208j:image

 

常連さんが多そうなのと

お茶と一緒に出された「ぬか漬け」が美味だったことで期待が膨らむ。

義理母とわたしは「天せいろ」夫は「麻ひしお蕎麦」をオーダー。

 

胡麻豆腐をいただきながら蕎麦を待つ 

f:id:poko-a-poko:20191108155232j:image

 

店内の雰囲気もそうなんだけど

盛り付けとか器とか、接客も、ひとつひとつのセンスが「丁度いい」ので居心地が良いです。

「丁度いい」って以外と難しいと思うの。店主さん、どんな方なんだろ…

 

天せいろ来たーっ

f:id:poko-a-poko:20191108155254j:image

 

画像じゃ伝わらないと思うけれど…ほんとに美味しかったの。

*ぽこあぽこ*人生の中で

長野県の上田駅で食べたお蕎麦の次に美味しかった。

十割蕎麦って蕎麦の味が濃い代わりにのど越しや舌触りがザラザラするイメージあるのだけど

生蕎麦の良さはそのまま、のど越しは滑らかで食べやすかった。

しかもこちらの天ぷら

すべて野菜天でしたがそれがまさにまさに、わたしの好みすぎて唸りました。

お蕎麦の時はエビやイカはいらないのよ。

お蕎麦に似合う天ぷらたち。こんにゃくの煮つけの天ぷら、こんなの反則だ。

隣の義理母といちいち「美味しいね」と確認し合いながらいただく。

義理母は食が細くてほとんど夫が代わりにたいらげていたけど。

 

これが麻ひしお蕎麦かーっ

f:id:poko-a-poko:20191108155311j:image

 

「ひしお 」とは麹を発酵させたペースト状の調味料なんだそう。知らなかった。

味見させてもらったけれど美味しいの。これはハマる味です。クセになりそう。

きっと「ひしお蕎麦」が目的の常連さんたくさんいると思う。

「天せいろ」にするかこちらにするか悩みどころ… って、また行く気ですね

 今まで「秦野」ってそうそう行く機会ない地域だったのだけど

わたしにとってちょっぴりスペシャルな街になったかな。ということでお題。

ローカルチックなお話になってしまったけども気になる方はぜひ食べてみてね☆

 

書籍化記念! SUUMOタウン特別お題キャンペーン #住みたい街、住みたかった街

書籍化記念! SUUMOタウン特別お題キャンペーン #住みたい街、住みたかった街
by リクルート住まいカンパニー

 

 

*ぽこ*

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村