大河ドラマの最終回を前に 《麒麟がくる》

  

還暦を迎えたら出家したいな…

 

いつだったかあまりに俗世に嫌気がさして現実逃避したくなった時に呟いたところ

近くにいた夫に

 

 スマホ捨ててネットもSNSもぜんぶやめてから言ってね~

 

と笑われてしまった。 だから、それが出来ないから出家したいんじゃないかっ

 

 

立春を迎え、梅の花が開き、お日さまが春の匂いをつれてきてくれました。

季節は巡る…

寒さで痛めた腰も回復しつつあります。

暖房いらずの日曜日、今夜は大河ドラマの最終回なので

早めにお夕飯とお風呂をすませてテレビの前に正座をしてスタンバイするつもりです。

でね

今回の大河ドラマ、けっこう好きです。

主演の長谷川博己さんファンだし毎回とても楽しみに拝見してる。

話が進むにつれ信長も光秀もどちらも壊れてゆくさまがなんとも切ない。

とはいえね

  

あの信長、いくらなんでもメンヘラ過ぎじゃね?

 

って思いませんか?笑

いや、わかるんですよ流れ的に。

謀反というオチに向かってゆかなくてはならないんだもんね。

これだけ歴史的な謀反をどれだけ光秀側に立った視点でドラマチックな謀反にすべきか。

ここはオリジナル脚本の腕の見せ所だし

あんな信長はドラマ史上初だし

染谷くんの信長かなりインパクト大だし

イイ♡と思います。ドラマとしてはね。

なんですけど

さすがにこれはツイッタでは呟けないし、じぶんのブログなら言ってもいいよね?

 

実際の信長はあんなんじゃないと思うよ?

 

会ったこともないのに信長のマブダチみたいですみませんが、そう思ってるので。

あそこまでメンヘラのサイコパスにされた信長を

「あれはドラマだ」と思わずあのままが信長像としてインプットされてしまう層がいるのではないか?と思ったら

正直なところ腑に落ちないです。あれはドラマなのよー

 

ちなみに信長って「尾張国」の戦国大名というイメージが強いです。

生まれた場所についても勝幡城那古屋城、古渡城のどこかではないかと言われてる。

でもね

信長の出自は福井県の旧織田町にある劔神社であり、彼の家系は神社を守る神官です。

 

劔神社 (つるぎじんじゃ)

福井県越前町(旧織田町)にある神社である。

別名 織田明神

素戔嗚尊スサノオノミコト主祭神とし、特に織田信長は当社の神官の子孫であるとされ、織田家氏神とされた。

尾張織田家は故郷の名にちなんで織田と名乗ったのが始まりである。

ウィキペディアより)

 

劔神社 - Wikipedia

 

彼は神道の家系なのですよ。 

そして、一般的に無神論者だと思われてるけど、それは後付けの解釈でしょう。

自ら神社に参拝もするし仏教だって認めていましたもの。

比叡山を焼き討ちにして僧兵の力を削いだり本願寺の組織を打倒したのは宗教権力によって皇室の存在が危ぶまれることのないようにという理由であります。

 

ですが、ドラマの信長は「天皇の権威を利用し朝廷をみずからの都合で操る男」にされていましたね。

わたしはそれもちょっぴり腑に落ちず。笑

現在の検証としても、彼は朝廷の財政再建を実行し存立基盤の維持に努めていたし

皇室とは協力的な関係にあり尊崇していたという見方が有力になっているとのこと。

ドラマの序盤で信長が帝に対する思いを父親を回想するカタチで語っていますけども

やはりそこには帝に対する尊敬の念を感じたよね。やっぱり流れ的に仕方なかったのかな

 

信仰というものは群れてするものじゃないですから組織になった時点でアウトです。

彼は今でいう「政教分離」をしたかったんじゃないかと思います。

そして仏教を忌み嫌い逆にキリスト教を庇護しようとしたわけでもない。

異国に関心を持ちながら異国の脅威も理解していました。

ここはすごく大事な部分で、これは江戸時代に入ってからの鎖国に繋がります。

とにかく信長は多少メンヘラかもしれないけどあそこまではコジらせてないです…トホホ

自らを第六天魔王と呼んで悪役を引き受けたそのビジョンを、少なくとも秀吉は理解できなかったでしょうなぁ。

光秀は理解してたと思いますよ。

個人的には信長は本能寺で死んでないし光秀も生き延びたと思ってます。

というか思いたい。笑

これを言ってしまったらドラマが成立しなくなっちゃうからここでしか言わないけど

本能寺の変はヤラセじゃね?っていうのが本能寺の変の個人的なオチです。

 

ほんとうは信長と光秀は近しい存在だった…個人的にはそう思いたいな。

  

ささ、最終回を楽しみに、これからカレーを作ります☆

 

*ぽこ*

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村